三国志大戦3を中心に突っ走っています

TOM9's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

星の消滅


またひとつ消えた
残りは後2つ、エイジと瀬戸花w
続きはグレンラガンですよ


【天元突破グレンラガン】
ここまで大きくなるともはや星すら原子と同じ扱いだなw
銀河を舞台に銀河を投げてくるとかもうスケールの大きさが桁外れ
あの次元自体が敵の作った幻としてもだ、神の前では星すら塵、銀河すら石の固まり扱い
そんな感じでしょうか

結局アンチスパイラル族は意識統合体になっていたというのかな
その時点で敗北が決定的だったんじゃないか
進化の真逆、ただの後退または停滞は結局滅びるしかないんだから

最後のマトリョーシカアタックは笑ったw
どんだけ合体してたんだw
あそこまで行くなら、ラガンインパクトも止められて中から二人がコアドリル持って特攻ぐらいまでやってもいいのに
コアドリルらぶらぶアタックとか言って、兄貴が腕組みして出てくるとか・・・すまんw

戦い、そして勝利
英雄は去り、想いは人に託されていく
シモンのドリルはおれの心にも風穴を開けてくれました
熱く燃える作品が終わるのはさびしいですが、良い作品でした
ありがとう


個人的にはEDまでで終わってよかったんじゃないかと思った
最後の5分はなんとなく蛇足な感じがしたよ
本編ではなくおまけ、、、同人的に見てるかな
笑い話として突っ込むなら、突っ込みどころ満載だけどw
なんと言うか、20年かけてお前はその程度かというのが一番悔しかった
「今度は僕たちの番だ」って、20年もかけずに受け取った瞬間にその重さ刻んでいたんじゃないのかよ
おれの脳内予想では、右左だけは生き残ると思ってたんだ何があっても
この二人が次を作る螺旋の戦士だと思ってたから
ニアは死ぬというかシモンと一緒になれないのは予想通りだし、ヨーコも一人でシモンとはないのは当然として、ヴィラルの人工生命体
話の展開から、最後に止めを刺したらあの次元が崩壊するのは当然の予想があったので、その時生き残る中にこの二人がいて未来に繋いでくれるんじゃないかと勝手に予想をして期待してただけなんだけどね
それでも次のグレン団はこいつらが作りあげると思ってたのに、その覚悟が20年後とか思うとさびしかった

そこ以外は笑わせてもらったのでいいかな
ロシウの顔見て吹くしあの方のお子様でしたか
20年後でお肌つやつやとかあの人は・・・
ヴィラルも艦長で妙に楽しそうだったしw


  1. 2007年10月01日 10:56 |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tom9.blog9.fc2.com/tb.php/765-45f6409e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。