三国志大戦3を中心に突っ走っています

TOM9's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

4423


神代の昔、人は魑魅魍魎を恐れリアルに逃げ込もうとしていた
今、人はその恐れていた仮想の世界を取り込もうとしているのかもしれない
極端な言い方をすれば東洋思想てきには、精神と肉体が一緒の世界なのかもしれませんね
勿論アニメの話ですよw



【電脳コイル】
だんだん子供のいたずらの域を超えているが、応対している相手(主におばちゃん)自体子供だし、いいのかなw
全部で26話のようなので、半分を過ぎていろいろ分かってきたことも多いけど、まだまだ先も長いし謎解きなんていう無粋な真似は先にしましょう

個人的な妄想だが、あの世界って今ある技術だけで可能なんじゃね?
膨大なインフラ整備が必要だけど、WiFiに代表される屋外でも使える無線通信技術。基本はこの無線通信を日本中津々浦々で使えるようにする
電脳メガネはちょっと特殊だけど、つまるところ透過式ディスプレイが無線通信で小型化された物。その基礎はすでに発売終了のようだけど昔メガネ型有線ディスプレイとして売っていたものがある(すでに名前を忘れたが、欲しかったw)
既に家庭にだっていくらでもある無線キーボードと無線マウス。空間を認識するキーボードだってすでに実現している(赤外線認識だが)から、この機能をメガネに載せこめれば、個人が外に持ち歩くのはメガネだけでいいことになる
前提たるPCをどうするかだが、無線で全てひっくるめているなら、そのまま分散型の大規模サーバへつなげるASP方式が取れるだろう。結局メガネが全てのデータを送受信担当させることになるけれど、外から家のPCへつなげるなんて難しいことじゃないんだし、その技術応用でできるだろう
地点認識が最大の焦点になるが、区画を区切ってそれをグローバルIP。その中をローカルIPでの管理。問題はその中での空間認識をするための高さという座標だが、ローカルIPごとにCAD的な空間データベースでも構築させていくことで対応というところだろうか。現行のIP制度をさらにもっと上に行くIP256とか言う世界でも開けば、作中のように立て物事に独自IP(ドメインでも可)を振っていくって手もありだろう。それこそ階層ごとにするのもできるかも(金持ちの象徴になりそうw)
どこかでそういう実験都市でも作ってみないかなぁ
その都市を外から見たら、何も無い空間で物をよけたり手に持ってたりという面白い景色が見れるんでしょうね・・・ん、待てよ、、、その人にとって見える範囲の仮想物体は見えないといけないとしたら、と思ったがすでにセカンドライフに代表される仮想3D空間都市があるんだし、大丈夫か
こう言うe-Japan構想をして欲しいなw



  1. 2007年09月19日 03:12 |
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tom9.blog9.fc2.com/tb.php/742-b6b92cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。