三国志大戦3を中心に突っ走っています

TOM9's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

三国志大戦二次創作同盟第参夜




3回目です
今回は献帝様です
さて、どんなお話になるでしょうか?


献帝劉協の憂鬱

「漢王朝出身、劉協伯和。漢に仇名す武将に興味はない。この中に武力10、知力10、壊れ、ネタ武将がいたら、朕のところに来い。以上。」

そして献帝を中心としたどたばた劇の幕があが・・・りませんw

そう言うことで、いつものように本編は続きの中へ

今回の参加者の皆さんです
酔狂書生は江湖を往く
神行百変殿

貴女を侮った、僕の負けです!
橘生殿

ヘボプレイヤーの意地!
第二蜀殿

Hit the beat! Keep your beat!!
龍之介殿

二人の舞姫物語
ダブルS

それとここです




劉協の夏休み

8月○日(日)
その日のことを簡単に話しておこう。夏休みも半ばに差し掛かったころ、私・・・おっと、まだ名前を名乗っていなかったな。私は曹操と言うものだ。話を元に戻すとだ、夏休みの半ば、私は娘を連れて久しぶりに田舎に帰っていた。ずいぶん長い間、帰っていなかった。18で家を飛び出し、都会にあこがれバイトに明け暮れたあの日からすでに20年。その間苦労もしたが、今ではそれなりに幸せな家庭とかわいい一人娘をもうけることができた。たまたま長期休暇が取れたので、娘に私の田舎を見せておこうと連れてきたのだ。家を出るころにはまだ低かった太陽がすでに茜色になっている。
「お父さん、まだ?」
少し疲れた娘が私の背中で聞いてきた。お前をおぶっている時間が長くなるように遠回りをしているんだよとはさすがに言わず、もう少しだよとなだめる。とは言え、さすがに疲れてきたし、近道をすることにしよう。ん、なんだあのガキは。小汚いガキだな。うちの娘が汚れるから近寄るんじゃない、しっしっ。
「お父さん、さっき私と同じくらいの子がいたね。お友達になれるかな?」
あんな小汚いのと友達にならなくてもいいが、まあ優しい娘に合わせて、そうだねと答えておこう。お前には都会のハイソなお友達をいくらでも作れるようにしてあげるからね。そして、懐かしの実家に帰りつくころには日が暮れていた。




8月○日(月)
久しぶりに実家に帰ったせいだろうか。気が付くとすでに昼だった。20年前と変わらない朝飯・・・昼か、を食べて娘の居ないことに気が付いた。暇だから村を散歩していると言うことだったが、しまった、娘の機嫌を損ねてしまったか。もどったら服でも買ってやってポイントを回復しておこう。飯も食べたことだ、私も娘を探しがてら村を散歩してみよう。

なんと言う不覚。あのような小汚いガキと遊んでいるとは。明日は早く起きて一緒に遊んでやろう。




8月○日(火)
「お父さん帰るの?」
うん、お仕事でね。すぐに帰ってくるよ、だからおばあちゃんの言うことを聞いていい子で待ってるんだよ。お父さん仕事を終わらせてすぐに帰ってくるからね。
















8月○日(水)
ふう、やっと終わった。これで明日には娘を迎えにいける。田舎に放り出してきてしまったからさびしくしてなければいいが。よし、今から飛行機に乗ろう。そうだ、そうすれば明日の朝にはあの子に会える。よし、決めた。今から空港に行くぞ!




8月○日(木)
母さん、あのゴミはなんだよ。あんなばい菌でも付いていそうなものを枕元において病気にでもなったらどうするんだよ。え、もらった、誰に?・・・ちょっと出かけてくる。
「え、もう帰っちゃうの?」
そうだよ。ほら、荷物はもう用意してあるから。それじゃ母さん、俺もう帰るから。え、せわしい?都会ではこんなの当たり前だよ。
「お友達にお別れしてからじゃダメなの?」
ごめんな、電車に乗らないといけないんだよ。ほんとは何本もあるけどな、まあ、あのガキに逢わせるつもり無いからさっさとつれて帰らないとな。ほらほら、都会に戻ってあっちで素敵なお友達と遊んでなさい。それじゃ帰ろう。









「曹操部長」
あ、これは専務。ええ、うちには娘もおりますがそれが何か?え、会長のお孫さんとお見合いですか。いえいえ、彼氏なぞおりませんのでよろこんで。はい、ではあさっての日曜日に・・・。
「またお父さんはそんなことを勝手に決めて!!」
そういうな、すべてはお前のためを思ってだ。日曜日はきちんとした格好で行くぞ。
あれが社長の息子か、伯和とかいったかな。まあ可もなく不可もなくといったところか。うちの娘に釣り合いが取れるのかね・・・まあ、バカな奴のほうがいいかもな、ふふふ
「それでは後は若者同士で・・・」

「お義父さん、行ってきます」
「それじゃおじいちゃんにバイバイしましょうね」
出かけるのか。また川に遊びに行くのか、よくも飽きないものだな。孫が行きたがっているんじゃ仕方がないか・・・そんなに楽しいかね、水切りが?
「お義父さんもいかがですか、お教えしますよ」
伯和くんの好意はうれしいが、遠慮しておく
「そうですか、5回飛びぐらいなら簡単ですよ」
「じいじ、きれいないしもみつかるよ」



う~ん、夏休みの話のはずがなんだろこの展開
これが夏の魔力か!
あついよ、あついよ、う~んう~ん

テーマ:三国志大戦2 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007年08月18日 13:05 |
  2. 三国志大戦二次創作同盟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

会盟お疲れ様でした。

ちょっと切ない夏の思い出、ですね。
絵日記が凄く可愛らしいです。
そして最後に思わぬ再会・・・ご馳走様でした。
  1. 2007/08/18(土) 22:31:40 |
  2. URL |
  3. 神行百変 #s48xcqFo
  4. [ 編集 ]

お疲れさまでした。
最後、えぇ話やぁ~。
少年時代の心を少し取り戻せた気がします。
  1. 2007/08/19(日) 00:08:04 |
  2. URL |
  3. 橘生 #-
  4. [ 編集 ]

>神行百変殿
可愛らしいですか、ありがとうございます
私の画力そのままですwww
ええ、所詮小学校低学年レベルですよ
絵の描ける人がうらやましい

>橘生殿
あの時代って言うのは、たぶん場所も時間も関係なく、世代とか抜きで楽しい時間だったんでしょうね
少年のころの心を思い出すきっかけになったなら最高のほめ言葉です

  1. 2007/08/19(日) 02:37:54 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

遅れお疲れ様でした(滝汗

お疲れ様でした。
一身上の都合で遅れております(滝汗

私がイラストを描かないと朋友が書いてくれるのかw
いやはや、ラブストーリーはかけないと言いながらも素敵な物語になってますよw
  1. 2007/08/23(木) 12:50:24 |
  2. URL |
  3. 龍之介 #-
  4. [ 編集 ]

イラスト・・・?!
落書きですがw
ホイールマウスで書ける限界です。もっと解像度の高いマウスかタブレットないと、ついでに何かイラストかけるソフトをw
才能も・・・ふ、ないものばかりだ
  1. 2007/08/23(木) 23:50:15 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tom9.blog9.fc2.com/tb.php/705-108a6bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。