三国志大戦3を中心に突っ走っています

TOM9's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

飛天と悲哀

うは、長文になった
と言うことで、続きの中に収納してタイマー配信w




個人的に好きなこの計略
ダブルSで使って遊んでいたり、よく同じように書いてますが実際この二つは次元の違う計略だと思っています
悲哀は【戦略型】の舞とそのデッキ構成
飛天は【戦術型】の舞とそのデッキ構成

こう書くとわかるかな
悲哀はそのデッキ構成でおおよその勝負が決まります
飛天はその戦闘中の行動でおおよその勝負が決まります

悲哀は大局観で駒を動かす将棋
飛天は相手の動きに合わせて戦うスポーツ

なんとなく想像付きましたか?
異論はあるかもしれませんが、飛天と悲哀の両方でICを何枚も使った私の感じたものです


【悲哀】
このデッキの場合、どの武将を入れるかという戦略時点で勝敗の大部分が決定します
戦い方は一つしかありません
悲哀の舞を舞う
ただこれだけです
そのためにはどうすればいいか
舞った後にどうやってそれを維持し続けるのか
どういうデッキ構成でそれを実現するかを考え、それを行うのです
なので、基本的にオールラウンドの計略重視型になります
武力が下がってしまいがちですが、舞っていさえいればそのあたりのカバーできるので気にしちゃダメっていうことです

【飛天】
このデッキの場合は事前での検討より、相手に合わせて柔軟に戦う
相手のデッキを見てから考えることの方が多いデッキでしょう
基本は馬の連続突撃をするために他の兵種で壁を作るとかが大事ですね
こちらのデッキ構成は腕があればぶっちゃけてなんでもいいですよ
腕=迎撃されないですけどね
なにしろ、なんでも迎撃されますからw
ひとつの完成形は飛天檄文(黒飛デッキ)でしょう
別の完成形はダブルSだと信じていますよ(ネタのほうの極致としてw)

私が使っている悲哀と飛天デッキで思考垂れ流し
悲哀:甄皇后、張春華、李典、程イク、劉表、周倉、阿会喃、張梁
兵法:連環 左に速軍 右に再建
[序盤]
守って守って動かないぞ、近づくのはゴリラの肉壁で弓迎撃
騎馬には周倉だけど、伏兵がいたらわざわざ掘り返すのも嫌だぞ
阿会喃と周倉は防衛のために死んでもいいけど後は殺さないように逃がす方向で
相手が弓デッキだったらいきなり自城待機もしばしば
伏兵を有効に活用してとにかく序盤の撤退者を少なく守って士気を貯める

[舞う]
基本的に士気が6になった瞬間に舞う
とは言え、相手にダメ計がいたり超絶がいたりしたら士気をもう少し貯めてから
ダメ計には劉表の馬鹿がいるので士気を9になってから
ただし、甄皇后は最期の業炎、徐庶ピンポイント以外ではほぼ死なないので放置もよくする
舞うときには先に全員出して時間差で甄皇后を出す
そうすれば弓もそっちを狙ってくれるので甄皇后が安全

[作業]
悪い言い方をすれば、舞ってしまえば後はほぼ作業
そのために戦略ベースで煮詰めているのでやることは決まっています
弓3部隊は自分と相手のライン程度のところ、マウントの取れるところで待機
攻めるのは甄皇后が踊っているところから直線の範囲だけ
マウント役は張梁
阿会喃と周倉は適時殺す
程イクは上の二人を殺しながら武力を上げて計略封じ
程イクが死にそうだったら、マーク武将のそばにこっそり李典を進める
士気はこちらから使うのはダメ計対策の劉表ぐらい
後は基本的に見てるだけ
張梁の兵力が半分でバナナを食べさせる
腕よりの必要なのはどのタイミングでどの計略を使うか見極めるぐらい
なので、こんな腕のない君主でも覇者まで行けました

飛天:蔡文姫、甄皇后、楽進、李通、牛金、楊阜、曹昂、賈ク
兵法:再起(最近増援、連環のレベル上げ中)
[序盤]
相手の枚数チェック
少なければ両端に蔡文姫と甄皇后を配置してピンポンダッシュ狙い
残りは中央で両端に割く兵を少なくする援護
多かったり、伏兵たくさんだったらその場で即断
片側固めて1点突破ピンポンダッシュ、後ろの方で来るの待つとか
蔡文姫が死んで復活で士気も溜まっているので、序盤は伏兵や槍防御に有効利用

[舞う]
とにかく舞え
場所なんか気にするなw
城門前だって、端っこだって、戦場の中心だっていいよ
さすがに戦場の中心はジョークとして、どこでもいいんだよ
舞を潰されないように連突が出来ないんだったらどこに置いたって一緒
だから腕がいるんだと

[中盤から終盤にかけて]
基本的にどんな状況でも逃げられる速度があるんだから積極的に攻城狙い
こっそり攻城がこれほどうっとうしく思うこともないでしょう
槍は攻城するまで放置でいいよ
マウントがいても気にしない
よほどの超絶強化槍でない限り、マウントを封じるのは簡単です
大車輪と弓兵たくさんの麻痺矢号令だけは・・・ごめんなさい
それ以外は何とかなるよ
部隊が4部隊いれば無双や白銀だって止められるよ
マウントがいないんだったら、天啓も桃園も耐えられます
攻城を止めるよりは、先にマウントなど援護部隊を駆逐しましょう
やっちゃいけないのは攻城を止めるあまり、マウント部隊に撃破されて部隊数を減らすことです
数いれば何とかなるんですから

[奇襲]
計算してください
相手を何部隊でどれぐらいの時間攻城を止められるか
その残り部隊でのこちらの攻城力と相手の攻城力はどちらが強いか
相手が片側に固まった、またはそういう地形
相手がこっちの陣に入ったら全員反対側から一斉に出陣
飛天で相手を無視して攻城へ
特に槍相手だとあっけないほど簡単に決まります
5部隊が攻城した場合、全員壁でも出陣から落城まで10カウント程度です
2部隊が相手の攻城をその間止められればいいのです
せこいですがこれも戦術ですよ

長くなりましたし、まとまりもないですが私の中の悲哀と飛天はこんな感じです
どう考えても蔡文姫の扱いが粗雑ですw
なんと言うか、だから飛天の方が面白いのかもしれませんけど
ただ、私は連突、槍撃、ワイパー等の操作する腕がないので悲哀の方が簡単なのですよ

  1. 2007年02月14日 00:25 |
  2. 三国志大戦2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

悲哀天啓は、別の方向性で、悲哀の弱点をカバーしようとしたデッキです。
悲哀を潰された後 or 踊れない相手に対しての超絶号令、ダメ計を入れた悲哀…
そんなデッキだったりします。
…その分ピーキーで、扱いづらいデッキですけどね…

大局が読めずに負けるのは、普通の悲哀と一緒です。
…ええ、最近読めないから、連敗してるんですけどねorz
  1. 2007/02/14(水) 23:04:10 |
  2. URL |
  3. 龍之介 #-
  4. [ 編集 ]

コスト2が入ると安定する分、8枚にならないので我がデッキでは却下なのですw
それにテクニックのいる悲哀は勝てないのですよ、私は
ただ目的地に配置して、相手が何かしそうなら対応するが精一杯
なかなか、難しいですねぇ
厄介なカードを好きになったものですwww
  1. 2007/02/16(金) 18:35:10 |
  2. URL |
  3. TOM9 #/5lgbLzc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tom9.blog9.fc2.com/tb.php/559-ed33d03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。