三国志大戦3を中心に突っ走っています

TOM9's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

絶望の入り口

『未来を見る力、それだけが箱に残ったのでした』

それ故に、人はどんな絶望的な状況であろうとも、未来には【希望】があるのではないかと信じて努力しているのです
パンドラが空けた箱の中から飛び出し損ねて残った最後の災い『未来を知る災い』
これが出なかったことで、有るかどうかも解らないものを求めて人は足掻くのでしょう
それは無駄なエネルギーかもしれません
未来が解っていたら、無駄なエネルギーを捨てて有意義な所に持っていけたのかもしれませんね
と言うことは、解らないのが災いで、パンドラはやはり神々の思惑通りすべての災いを振りまくことに成功したのかもしれないですね
希望なんてものは持っているのが大きければ大きいだけ、絶望も大きくなる
そう言えばプッチ神父も未来を知れば覚悟が出来ると・・・あなたに付いて行きそうです
重力崩壊のあとにもう一度この世界にきて覚悟を持って生きようか?



後ろ向き過ぎ?
いいんですよ
知っている人には十分でしょう
知らない人には意味不明でしょうけど・・・


確かこんなお話
パンドラの箱(ギリシア神話)

火を手にした人間を怒った神様が人間に対して罠を仕掛けた!!
女を作り、女にすべてを与えた
美を知識を、、、好奇心を
その女に神はひとつの箱を渡した『この世のすべての災いが入っている』そう言いつけて
やがてその女は地上で神と結婚する
なんと最初にトラップにかかったのは神の眷属だった!!
(こういう馬鹿がいるからギリシア神話ってすきw)
そんなうちに女は箱の中身が気になりだす
どれほどの知識も好奇心には敵わないのだった
そして全ての災いを見ようと箱を開けてしまう!!
開けられた箱からありとあらゆる災いがこの瞬間を待って飛び出します
病気、戦争、老い、嫉妬、、、
慌てた女が箱を閉めたときにはもう遅かった
封じられていた災いは飛び出し、世界に散らばった
ただひとつ、『未来を知る災い』だけを残して
これによって、未来が不確かなものになり、例えその先が絶望と理解していても希望を持って努力することが出来るようになった
そんなお話

※パンドラは確か箱の名前、女はずっと女だったはず
※残ったのは希望ではないはず
私の記憶ではね

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2006年10月02日 10:22 |
  2. 三国志大戦2
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

コメント

むかしといまでないどこかがわかったのよ。
それはみらいなの。
いままでがんばろうって言ってきたのは、みらいをよぶためなのよ。
いまが、そのときなのよ。
むかしでもいまでもない、どこかにつながるところに、みんなでいくのよ。
かなしみにめーするの!
だれひとりしななくても、おはなしはおわるのよ。
それが、せかいのせんたくなの。


…と、異界の少女が言ってました。

そうですよね、同志しるばまる殿。
絶望しかなかった世界の少女の言葉です。
絶望しかない世界なんてものはない。
ありえません。
未来を知らないから、人は未来を変えることが出来る。
…過去に縛られないで生きていけるのですよ。
今は一時の腰掛。
未来を変えるための一歩を今も、歩いているんですから。
前に進みましょう、朋友。
  1. 2006/10/02(月) 22:00:22 |
  2. URL |
  3. 龍之介 #-
  4. [ 編集 ]

パンドラの箱・・・この話は何かで見たんだか読んだんだかわかりませんが知ってます。箱の名前であってるはずです。私もそう記憶してます。


お久しぶりすぎて何書いていいかわからなくなってしまいました^^;
  1. 2006/10/04(水) 15:35:33 |
  2. URL |
  3. 雷覇 #-
  4. [ 編集 ]

>龍之介殿
安心しろ朋友、俺にとっての過去なんて3歩歩く間だけさ
・・・鶏以下ですかw
未来には行かなくても、行きたかったですよ

>雷覇
よかったよかった
間違えててもネタで済ませるつもりだったけど、合ってて良かったです
気にせずなんでも書いてくださいよ
隣の家の猫がうるさいでも結構ですからねw
  1. 2006/10/05(木) 13:43:17 |
  2. URL |
  3. TOM9 #/5lgbLzc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tom9.blog9.fc2.com/tb.php/497-5d722f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

重力崩壊重力崩壊(じゅうりょくほうかい)は、末期の恒星が自らの重力に耐え切れずに崩壊する物理現象。恒星は重力によって中心部に向かって凝縮している一方で、プラズマの熱運動や電気的な反発力によって一定の大きさを保っている。原子核融合|核融合が進むと原子量の小
  1. 2007/07/27(金) 10:34:08 |
  2. 天文・宇宙を知る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。