三国志大戦3を中心に突っ走っています

TOM9's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ICB11th

ICB11th

ご存知、ICBの始まりだよー
知らない人はここでICBが何か知ってね
知らなくてもとりあえず楽しんで
ということで、はじまりはじまり~

『賢い花には何がある?』

「お・・・」
「あ・・・」
背後の爆発
徐庶が「私は何も知りません」と何度も呟いている
ああ、俺もそう言いたいよ

遡ること数時間前・・・
「殿、魏と呉より緊急の使者が参っております」
この夜中に、何だ?
俺は脱ぎかけていた衣服を整え始める
「すまないな、また4日後に来る」
「お仕事ですものね、仕方ありませんね・・・」
俺は衣服を整えるとそう言い置いて謁見の間に向かった
「さて、こんな夜中に二国揃って緊急の使者とはいったい何事か?」
ちょっと俺の声は不機嫌だ
いくら使者が美女とは言え、何でこんな時間に
「さらに、涼他より同じく急使でございます」
呉の使者が口を開こうとした時に伝令が入った
それを聞いて魏と呉の使者は解っていたとばかりに顔を見合わせて笑っていた
結局、魏呉涼他の4国から緊急と言って使者が来たわけか
しかも全員美女とは、俺の顔がにやけたって仕方がないだろう
「ふぅ、4国より卞殿、二喬のお二人に徐夫人、孫尚香ちゃん、貂蝉さんに鄒と厳氏、何太后様がこんな夜更けに何用ですか?」
俺の問いに卞殿が答えた
兵を貸して欲しいと
おいおい、いきなりそれか
予想の範囲だけど、直線的だな
曹操なんかと結婚したんだからそれも納得か
「お待ちください。兵を貸せと言われるが、その兵をどこへ向けるおつもりか?」
横で聞いてた徐庶が慌ててるな、、、当たり前だな
「どうやらあなた方は同じ理由とお見受けした。となると袁への信仰を画策されると言うか。いや、それであればおのおのの強大な兵を率いるはず。そこが解らぬところ」
「「その疑問はごもっとも」」
二喬の二人が息もぴったりにハモル
さすがキャバクラで修行したと噂されるだけのことはある
「「私たちの敵はただひとつ!!」」
・・・おいおい、そんなこと考えてるのかよ
理由を聞いた俺と徐庶は顔を見合わせた
「まあ、理由はわかった。その思いは我等も解る所。兵の準備をさせよう」
「さすがは徳の劉備殿。話が早くていいわ」
俺の言葉に彼女たちがにこやかにうなづく
「とは言え、もう夜も遅い。今から兵を集めるのも大変なので、明日の朝一番でよいか?」
「この夜中に集められた兵では実力を発揮できませぬ。それでもよろしいか?」
不満顔の美女たちに徐庶が理詰めで迫ると不承不承では有ろうが引き下がっていく
さすがだな、単ちゃん
「もう夜も遅い、離れを用意させたからそこでみな休むと良い」
「ありがたくお受けしますわ。・・・ところで、兵のお礼にいかが?」
「ふふふ、横の軍師さんと一緒でも良くてよ」
何太后がさくらんぼを加えてウィンクを送ってくるわ、鄒が誘惑するわ、厳氏はじっと見つめて黙って足を開いてくるわ・・・徐もそんな目で見るなって
・・・兵なんか無くてもそれだけで国滅ぼせるぞお前たち
「「そうね、お酒を楽しくいかがですか?」」
「その席を私の歌と音楽で色づけましょう」
「では踊りは私が」
おいおい、こっちはキャバクラかよ
耳まで真っ赤にしてる孫尚香がなんだか可愛く思えるよ
「ははは、ありがたい提案だな」
「とりあえず離れにご案内いたしましょう」
俺と徐庶が美女たちを離れに案内する
おいおい腕組むなよ、うわ、当たってる当たってる
「殿、鼻の下が伸びておりますぞ」
いや、お前は鼻血出てるから拭けよ
(私を放置して・・・見てなさいよ)
ん、何、今悪寒が・・・
「この離れで疲れを取られるといい。では我々は忙しいので、また」
「何かあれば近くの兵にお申し付けください。それでは」
俺と徐庶は反論の隙を与えずその場から離れた
「ふぅ、まったく」
「厄介なことがきましたな。どうされるおつもりで?」
「決まってる、全員本国へ送り返せ。あんな危険なものに付きあわされたら蜀全員が排出停止になる」
「そうですな。よりにもよって、S●○Aへ意趣返しに攻め込むとは・・・」
森の中に潜んでいる兵士たちに合流し、逃げられないような方法を考える
その時、、、
俺は、見た!
白い着物を着て、頭に白い鉢巻にろうそくを刺して、離れへの道をひた走る女を・・・
「と、と、と、と、、、、殿!!!」
言うな、何も言うな!
お前の言いたいことは解っている
だから何も言うな!
「け、けけ、、け、けん、、、賢」
言うなと言って・・・ないな
あまりの驚きに俺も声が出てないじゃないか
だが声を出す必要は、、、もう無かった
「浮気に天誅!!! 究極奥義、爆裂井戸ダイブ!!! あなたお覚悟を!!!」
そんな声が聞こえた気がした
「おい。帰るぞ」
「はい」
俺たちは帰ろうとして離れに背を向けた
その瞬間、大音響とともに閃光が走る
ちゅど~ん
「お・・・」
「あ・・・」
背後の爆発
徐庶が「私は何も知りません」と何度も呟いている
ああ、俺もそう言いたいよ・・・どうすりゃいいんだよ、ぶーぶー!
排出停止ばかりだし、知らん振りしようか?
ね、ね、いいよね?

~おしまい~

ICB参加者のリンクは続きの中です
面白いところばかりですので、ぜひ回覧する事をお勧めします
良かったら感想くださいね





それでは今回ともに戦ったICB覇者、ICB覇王の方々です
(リョーチョー殿、毎度感謝です)

遼!来来!!超!来来!!:リョーチョー皇帝

三国志大戦・覇王の大徳♪:冬弥殿
不思議なダンジョン 62階:すし殿
千里眼&黒い人の ―蹴散らせ―:千里眼殿
別冊観賞魚と書物の日々 五絶三国志:神行百変殿
桃園の幻…それは夢:豚足の貴公子殿
へたれ君主の大号令:風呂気温殿
龍火の趣味の部屋~三国志大戦~:龍火殿
noeinの三国志大戦記:noein殿
たまごだっていいじゃない?:真音殿
三国志大戦Blog~集結せよ!~:うすた殿
三国志大戦――我道を行く:日立殿
白麗の執務室:白麗殿
蜀軍のススメ:東風殿
Hit the beat! Keep your beat!!:龍之介殿
ユラナギ:やぎ殿
ぽんこつ飛天覇王 黒飛―弾丸集団突撃2―:黒飛殿
取らぬカードの皮算用:葉桜殿
三国志大戦2下克上ブログ:むつー殿
貴女を侮った、僕の負けです!:橘生殿
ゆるゆる行こう~?
ハザン殿
晃の三国志大戦日記 ~力を見せよ!~:晃殿
*私を覇王まで連れて行って*:佐久間りお殿


テーマ:三国志大戦2 - ジャンル:ゲーム

  1. 2006年09月04日 19:17 |
  2. ICB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

コメント

ICBお疲れ様です
各国から美女爛漫…劉備も徐庶もシアワセそうで
そして、如何にも「呪ってやる」って服装の麋夫人(…ですよね、井戸言ってるし)
爆裂井戸ダイブって…ジュンイク様が止めようとしたら自爆するのでしょうか(苦笑)
  1. 2006/09/04(月) 22:04:28 |
  2. URL |
  3. 白麗 #oiqaxMXE
  4. [ 編集 ]

お疲れ様です。
アダルトなICBが楽しめると聞き飛んできましたよw(違うw

何太后のさくらんぼ…じゃなくて何太后がさくらんぼのフレーズに何故か吹いてしまったw

排出停止の娘達も必死ですな~w
  1. 2006/09/04(月) 22:17:10 |
  2. URL |
  3. 豚足の貴公子 #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです~。ICBお疲れ様でした。

いやぁ、彼女達が輩出停止になったの、この井戸ダイブのせいだったんじゃないだろうか、と要らぬ心配をしてしまいましたw

袁軍だけ抜きってことはウチと同じく許ユウ落ちかな~と思っていたのですが、袁軍には排出停止の美女カードがないからだったんですねw

思いもよらぬオチに笑わせて頂きましたw
  1. 2006/09/05(火) 01:03:45 |
  2. URL |
  3. 葉桜 #-
  4. [ 編集 ]

ICBお疲れ様です。
排出停止組の陰謀かと思うほど、すごいキャバクラだ。これで蜀は全て排出停止に……
オチは笑いましたね。
  1. 2006/09/05(火) 01:13:33 |
  2. URL |
  3. 日立 #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

ICBお疲れ様です

S○GAと全盛期の蜀に対して、排出停止娘たちの逆襲ですかww

そして必殺、井戸ダイブ
お見事です
  1. 2006/09/05(火) 07:59:53 |
  2. URL |
  3. 東風 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様です。
劉備を取り囲む排出停止美女軍団。
そして、それに必殺井戸ダイブ。
笑いすぎで腹が痛いです。
  1. 2006/09/05(火) 08:48:38 |
  2. URL |
  3. noein #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした。

全て読み終わってやっとわかりましたよ(あほ
せ○に乗り込むのなら、私も一緒に!
と思ったけど、呉の時代がきそうなのでやめます(w
  1. 2006/09/05(火) 16:24:26 |
  2. URL |
  3. 真音 #95bkP2lk
  4. [ 編集 ]

ICBご苦労様です。

排出停止組、SE○Aに謀反ですか・・・
そんなことをしたら、地味に下方修正喰らいそうですね。
麋夫人、計略があれならかなり強いんじゃないかと。
  1. 2006/09/05(火) 22:41:46 |
  2. URL |
  3. 神行百変 #s48xcqFo
  4. [ 編集 ]

ICBおつかれさまですー
S○○Aへの報復とはまた恐ろしい・・・w
気持ちはわからないでもないですがねw
  1. 2006/09/06(水) 02:44:51 |
  2. URL |
  3. やぎ #-
  4. [ 編集 ]

排出停止になったからこその大掛かりな謀反・・・コワスコワスww
リアルでこんな事になったら鼻の下伸ばしきった状態で倒れるでしょうねww(マテ

必殺井戸ダイブコワスコワス・・・www
  1. 2006/09/07(木) 16:53:48 |
  2. URL |
  3. 風呂気温 #IjUZIPhA
  4. [ 編集 ]

ちょww爆裂井戸ダイブってwww
じゅ、荀様早く反計をww(ぁ

あ、遅れましたがカードありがとうございました~
旧Rとか持ってないのが色々あって助かりました。
あとは新UC大喬がマジで嬉しかったですw
  1. 2006/09/08(金) 21:47:32 |
  2. URL |
  3. 千里眼 #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

はわわわ(´゜Д゜`;)た、確かに兵なくして国を滅ぼせられる面子ですな^^;
なるほど・・そんな排出停止の秘話がwww
・・・・・男武将は?www(マテ
爆裂井戸ダイブwwwそんな大爆発起こるものなのかww
片手?ながらもICBお疲れ様でした♪
  1. 2006/09/11(月) 14:48:30 |
  2. URL |
  3. リョーチョー #iVyN8/oY
  4. [ 編集 ]

   |
劉曄 |「ここか? SE○Aに乗り込む兵を貸してくれるのは?」
陳宮 |「あっしの情報に間違いはないでさぁ」
荀UC|「私も…活躍の場はあるんでしょうか?」
牛金 |「ぶもぅ!」
カイ越|「牛金も言っておる、弱気はダメじゃて」
蔡瑁 |「SE○Aを驚かせてやるぜ!」
   |
   | どっかーん
   |
劉曄 |「あれ?」
陳宮 |「帰りますか?」
劉曄 |「君子危うしに近付かずだよ、陳宮君」
   |

ども…遅れてコメント&ネタを書き込んでおきますw
ICBお疲れ様でしたw
…朋友のことをあまり言えないが…無理にテンションを上げることもないと思うよ。
むしろ、凝り固まっているのは…私なのかもしれませんね。
コメントしていない言い訳にはならないですが(汗

無理はダメですよw
  1. 2006/09/13(水) 20:37:36 |
  2. URL |
  3. 龍之介 #-
  4. [ 編集 ]

ようやくコメントを返す気になりました
身勝手ですいません

後日譚

S○●Aの社内に揃う蜀の武将たち
「・・・危機から救った功績をたたえ、これを授与する。XX年○月△日 三国志大戦開発チーム一同」
読み上げられた賞状が包帯を負けれ、車椅子に乗った麋夫人に手渡される
その瞬間に居並ぶ蜀の諸将から拍手が沸き起こる
「賢夫人へ感謝をこめて、柵を授与しよう」
その言葉に賞賛と羨望の声が漏れる
「あれだけの功績だ。もうひとつぐらい何か聞いてやってもいいな」
迂闊な開発者Aがそう言った瞬間、場の空気が凍った
「挑発範囲を広げろ」「グラフィックを書き直せ」「回復量すくねえよ、もっと増やせ」・・・などなど、口々に喚きたて開発者に詰め寄る蜀の将
「死ぬー、助けてー」
開発者Bがそう言った瞬間に、孔明と广統が皆を大喝する
「やめんか皆のもの!」
「それでも忠義と義侠の蜀のものか!」
いつも物静かな軍師に大声で叱られ、勇猛大胆な諸将も身を小さくする
「まったく・・・」
「失礼をしましたな」
二人の軍師がにこやかに開発者の前に立つ
「それにしても、偶然とは言え私も命の恩人ですか(ニヤッ)」
「褒美など欲張るものでもないが、もらえるものを無碍に断るのもな(ニヤリ)」
その後別室でどのような話が行われたか、記録には残っていない
ただ、槍に技が追加されたり、蜀にLEが集中していたりと、ちょっと蜀優遇な改定が行われただけです・・・ただそれだけ

これを皆さんのコメントに代えて・・・いい?w
  1. 2006/09/14(木) 17:36:16 |
  2. URL |
  3. TOM9 #/5lgbLzc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tom9.blog9.fc2.com/tb.php/479-94714a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。