三国志大戦3を中心に突っ走っています

TOM9's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ICB10th.

いつの間にか10回目
そんなに馬鹿な話ばかり書いてるのかwww
と言うわけで、今回も馬鹿話いってみよ-!

『灰燼』

寝台の上に巨躯の男が横たわっていた
布団の上に腰までありそうな髭がさらりと伸びている
「あにじゃー」
その横で、巨漢の男が涙を流している
「目を開けてくれ、しっかりしてくれ!」
その背後では一人の少女が椅子に座ってうつむいている
巨漢の男の大声が聞こえたのか、髭の男が目をうっすらと空けた
そして彼を知るものが驚くようなか細い声で、目の前の義弟に声をかけた
「少しは静かにしろ、、、そんなにうるさくされては、落ち着けぬではないか」
「あにじゃー、俺を置いていかないでくれー」
「張飛よ、おまえに頼みがある」
関羽はそういうと懐から2枚の紙切れを取り出した
「わしはもう行けそうにない。代わりに子供たちを頼む」
「解った、俺に任せてくれ」
取り出された2枚のチケット
【ダブルS全国ツアー:S席】(理由のわからない人はここへw)
張飛は握り締めて関羽に誓った
「関平も関銀屏は俺がしっかりと面倒を見るから、兄じゃはもう心配するな!」
「ああ、頼んだぞ・・・これでゆっくり眠れる・・・」
関羽がそう言って静かに目を閉じた
「たかがスイカの食いすぎで腹を壊しただけで・・・」
椅子に座っている関銀屏がポソリと呟いた

遼超記念公園
公園の中心にやぐらが組まれ、その周囲に屋台が現れていく
暑く照り付ける太陽が赤く大きくなり、残暑の中にも涼やかな風が流れ始める
屋台に掲げられた提灯に灯がともると、人が集まってくる
りんごあめ、串焼き、わたあめと様々な屋台が覇を競う
「黄巾名物バナナ焼きそば、おいしいよー!」
黄色いバンダナを巻いた男たちが大声を張り上げているが、道行く人の反応は冷ややかだ
「おい、客引きしろよ」
「え~、ひっく」
「・・・このアマ、もう酔ってるぞ」
「誰のせいでこんな時まで働かないといけないと思ってやがるんだ・・・」
「とにかく、誰でもいいから客を引っ張って来い!」
「わかったわよ~」
酔っ払い女が屋台の前で、酒を飲みながら適当に男に抱きついては屋台に連れてくるという、どこかのボッタクリバーのようなシステムで客を勧誘してくる
「お・じ・さ・ん・♪」
また一人・・・

「あんた、いいのかい?」
「いいさ。あにじゃと違って俺はアイドルに興味はないからな」
関平と関銀屏の兄妹をコンサート会場に送った後、張飛は妻と一緒に横の公園で祭りを楽しんでいた
「親父、この矢は曲がってるだろ!!」
「旦那、勘弁してくださいよ。あちらのお客さんはちゃんと当てているじゃないですか」
いっこうに的に当てられない張飛が親父に吠えるが、どう見てもそれは腕の問題と言う感じである
「はいはい、あんたは弓なんてダメなんだから次行くよ」
「し、しかし、あのぬいぐるみを・・・」
太くたくましい腕をそっと抱いて首を振る
「いいよ。あたしのためにがんばってくれただけで」
「月姫・・・」
そんな二人の目の前に月姫所望のぬいぐるみが投げ込まれる
飛んできたぬいぐるみを受け取った月姫が投げられた方を見る
「あ、、、おじ様」
月姫はそう言って頭を下げ、張飛はばつが悪そうにそっぽを向く
「ち、余計なことを・・・」
張飛が悔し紛れにはき捨てる
「あんた!」
「わかったよ・・・ありがとよ」
「お前のためではない、可愛い姪っ子のためだ。それにしても、他愛のない的当てだったな・・・」
そう言ってその男は背を抜けて去っていった

「おい、まだ遊ぶのかよ」
「今来たばかりではないか」
「俺はこんな祭りなんか別に・・・」
「何か言った?」
「いえ、何も」
偉丈夫が目の前の勝気そうなお嬢さんに頭を下げる
その手には幾つもの食べ物が持ちきれないばかりにぶら下がっている
「もう、せっかく祭りに来たのにお前がそんなじゃつまらないだろ」
「苦手なんだよ、こんなところは」
男の顔が赤いのは夕日のせいだけではないだろう
「ふふん、閨ではあんなに激しいくせに」
「ば、ばか。他の奴らに聞かれたらどうするんだよ」
「女の意地を通させてもらうわ。少しははっきりしなさいよ。あたしのことをどう思ってるのよ!?」
「お前がいるから馬超と袂をわかってこっちに来たんだろうが、知ってるくせに・・・」
「西涼の蛮族め、、、こっちを向け」
そっぽを向いて呟いた男の首に手を回して唇を重ねる
「女の意地と誇り、侮るな・・・よ」
「お前こそ、この棺に入るのが嫌だなんていわせんぞ」
ひゅーひゅー
そんな二人に通行人から声が上がる
「お、おい、あっちに金魚すくいがあるぞ」
「ああ、ほんとうだ。いくぞお」
夕日より赤くなった二人が一軒の金魚すくいの屋台の前に滑り込む
「あの金魚、あんたにそっくりだよ」
真っ赤で一匹だけ他より大きな金魚を指差す
「・・・じゃあ、こいつがお前だな」
大きな金魚の横に寄り添う少し色の白い金魚
「じゃあ、一緒にすくってよ」
「任せておけ。おやじ、ポイを寄越せ」
はいよと応え、最中のポイが渡される
ポイが渡され、男の目が細くなるや否や、あの二匹の金魚が水槽から消える
そして左手に持たれた器に二匹が入っている
なんと言う早業であろうか
「次はどいつが器に入りたいか!?」
男が得意げに言った言葉に一人の男が反応した
「15匹目!」
わざわざ言わなくてもいいことを大声で言う
当然、挑発である
「あんた、そんな・・・」
張飛の大声を月姫がたしなめる
「独り言だ、気にする・・・」
「小魚ばかりでは意味も無いな」
張飛の言葉にかぶさるように、これまた大声の独り言が発せられる
「・・・」
「・・・」
二人の男の視線が火花を散らす
「親父、新しいポイを寄越せ!」
二人同時に金を出す
「腕が鳴る。相手にとって不足なし」
「でぃやぁ」
一騎打ちを始めた二人の背後で二人の女性が顔を見合わせて頭を下げる
「ごめんね、うちも唐変木がご迷惑をかけて」
「ううん、これがもらえたからいいの」
手に提げられたビニールの袋の中で泳ぐ二匹の金魚
さっきの大きな赤いのと小さな金魚である
「なんだ、よかった」
「それよりそちらにもご迷惑じゃ」
月姫は笑って同じように手に下げられたビニールの袋を持ち上げる
そこには大きく太った黒い出目金と赤くひれの大きな出目金が泳いでいる
「決死の覚悟で挑みますぞ!」
「くそったれぇー!」
背後の戦いは終わりそうに無い
「あっちでラムネを売ってたよ。行かない?」
「・・・はぁ。うん、行きましょ」
二人の美女は浴衣のすそを翻すと、下駄の音をからころとさせて、にこやかに談笑しながら歩き出す
二人の男の勝負はまだ、終わらない

「さすがに近寄ってこなくなったわね」
ボッタクリシステムは噂が広がるとおしまいであった
「あの娘でもいいかな・・・。ねぇ、お嬢ちゃん♪」
「え、はい?」
浴衣を着て、周りをきょろきょろ見回しているお嬢さん
「何か探してるの~」
「どうもご親切にありがとうございます。こんなお祭り初めてなので、珍しくて」
周姫はそう言って楽しそうに頬を緩める
(こりゃ、いいカモにめぐり合ったわ)
同じように笑っているが、腹の中は正反対である
「へぇ、そうなんだね。じゃあさ、あっちにすごく珍しい焼きそばがあるんだけど行ってみない?」
「珍しいですか?」
周姫はその言葉にちょっと首をかしげて、あごに指を当てる
「そうだよ、とっても珍しいの」
「見て、、、見ようかしら」
「はいよ、こちらへどーぞー」
「え!?」
「なんだい!?」
祭りの喧騒とは違う、いや、ある意味祭りくさい喧騒が突如沸き起こる
この怒号は喧嘩のそれである
祭りに喧嘩、みんながその声のしたほうを一斉に振り返る
なんと声は盆踊りのやぐらの上である
「俺のほうが大きかっただろうが!!」
「俺のほうが一匹多かった!!」
「俺の連れほうがいい女だろうが」
「俺の女のほうが色気が多いだろうが」
「下着も着せない変態が!!」
「馬鹿もん、浴衣には着ないほうが正解だぞ」
「え!?そうなのか?」
「なんだ、知らないのか」
「う、うるさい。金魚と関係ないだろ」
やぐらの上では大男二人が取っ組み合いです
ICB10
「あーあ、あんなとこで恥ずかしいね・・・ま、それはどうでもいいから、珍しい焼きそばを・・・」
「喧嘩ですよ、喧嘩。どうしましょう、ああ、どうしましょう、、、おろおろ」
周姫はその喧嘩を見て慌てています
「いや、あんたは関係ないだろ。連れかい?」
「い、いえ、ぜんぜん知らない人です」
「だったら、ほっときゃいいよ。それより焼きそば」
「でも、でも、、、止めないと」
「どうやって?」
「えとえと、、、その、、、えとぉ」
周姫がパニックになって行きます
「そのぉ、、、これを使います?!」
周姫が振袖の中に手を入れ、何かを取り出します
それは人の頭ぐらいある花火の玉だった
「こ、この、特性、2尺玉で、、、」
パニックになった周姫が今度は背中から、打ち上げ筒を取り出す
「目標を捕らえました、、、玉を使います」
「ちょっと、あんた!?」
もはや周姫は周囲の声が聞こえません
「導火線を延ばして・・・」
「いかん!」
その瞬間、周姫の背後では孫呉花火師の一同がそれを見ていた
その先頭は孫呉花火組合会長にして周姫の父、周瑜
「このままでは、娘が殺人犯になる。急ぐぞ!」
「ああ、早くしないと、ぶっ飛びそうだぜ」
横では友人が慌てている
「よし、皆の者。発射準備!」
「は?!」
「いや、今から止めに言っても間に合わん。だが、我が娘は未熟ゆえに発射まで手間取る」
「だから?」
「娘より先にあの元凶を討ち果たせば、娘は無関係になれる」
「・・・根本間違ってるだろ!!」
「全員発射体制に入りました」
言い合う二人の後ろで誰かが報告する
「よし、灰燼に帰さしめよ!!」
「吹っ飛べやぁっ!!」
なんだかんだ言っても親友
どうやら根は同じのようです
二人の合図に花火が一斉に放たれます
しかしそのほとんどは距離が足りずに周囲を灰燼に帰さしめます
ある花火師の一撃は広範囲を焦土と化しました
でも、彼の願いどおり周姫の一撃は誰一人被害を出さずに終わりました
「後は任せた」
ぽつ~ん、、、
「え、、、おい。・・・俺、置き去り?」

「ただいま」
「帰りました」
二人の兄妹が玄関をくぐる
「帰ったか。どうだった?」
「はい、とても素敵なコンサートでした」
「父上、私も踊ります!」
その後、関銀屏は血のにじむような努力の末にブレイクダンスを習得したとかしないとか
「ところで、張飛はどうした?」
「コンサートが終わって外に出たらおりませんでした」
「まったくあの男は頼み一つ満足に出来ん・・・軍師殿に報告しておこう」

~おしまい~


最近登場人物を出しすぎてまとめきれない病が・・・w
いかんな


では、参加者一覧です
遼!来来!!超!来来!! リョーチョー殿

別冊観賞魚と書物の日々 五絶三国志 神行百変殿
不思議なダンジョン 62階 すし殿
Hit the beat!! Keep your beat!! 龍之介殿
白麗軍の孤軍奮闘記 -疾風の騎士達- 白麗殿
noeinの三国志大戦記 noein殿
たまごだっていいじゃない? 真音殿
千里眼&黒い人の ―蹴散らせ― 大戦2ブログ 千里眼殿
三国志大戦Blog~集結せよ!~ うすた殿
へたれ君主の大号令 風呂気温殿
今日の出来事。 エロール殿
三国志大戦2下克上ブログ むつー殿
三国志大戦――我道を行く 日立殿
S5Q的三国志大戦考察 松本引越しセンター殿
大超の三国志大戦BLOG 大超殿
Shower of Arrow 銀河殿
ユラナギ やぎ殿
白虹奇士団、参上!~三国志大戦2攻城兵ブログ~ しるばまる殿

テーマ:三国志大戦2 - ジャンル:ゲーム

  1. 2006年08月14日 01:12 |
  2. ICB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

コメント

ICBお疲れ様です。
外見普通の浴衣なのに、振袖の中から二尺玉、背中から打ち上げ筒って…その浴衣は四次元○ケットなのでしょうか(笑)
そして、周瑜が花火組合会長…となれば、火計使いはみんな花火師。
期間限定で火計ムービーが花火になれば…なんてコッソリ考えていたりします。

…よくよく考えれば、火計範囲変わっちゃいますね(良いのか悪いのか…)
  1. 2006/08/14(月) 09:28:08 |
  2. URL |
  3. 白麗 #oiqaxMXE
  4. [ 編集 ]

こんばんわ&初めまして!
先程は私のブログにお越し頂き、ありがとうございました!
あと、ICBお疲れ様でした。
孫呉花火師笑わせて頂きました。
ぶっ放すだけ火をぶっ放して、跡形も無く撤退する周瑜父さんデラワロス(w。
焦土になった祭り会場にいた人達の安否が気遣われます(www。

また、ちょくちょく訪問させていただきますね。
  1. 2006/08/14(月) 20:34:26 |
  2. URL |
  3. 松本引越センター #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

周瑜パパ危険だw

お疲れ様です。
周瑜パパ、相変わらず危険ですね(汗
…後を任された孫策が大変そうです。

相変わらず、張飛と月姫がいいですw
名のらず去る夏侯淵も素敵w
つか、うち、蜀の三兄弟誰も出してないんだ(汗

浴衣は下着を着せないのが正解と、メモしておかないと(をい
うちの病気、ストーリーが纏められない病よりはいいですよw
…というか巧くまとまってますよ、朋友w
  1. 2006/08/14(月) 22:43:09 |
  2. URL |
  3. 龍之介 #-
  4. [ 編集 ]

ICBご苦労様です。

呉の花火組合に笑わせて頂きました。特に極太範囲のりっくんとか、さっさと撤退する周瑜とか・・・。後で孫策が責任を取らされそうですね。

登場人物を出しすぎてまとめきれない病ですか・・・私は、ストーリーが長くなりすぎる病ですよ。
  1. 2006/08/14(月) 23:11:12 |
  2. URL |
  3. 神行百変 #s48xcqFo
  4. [ 編集 ]

お疲れ様でした★

バナナ焼きそば・・・どこかの喫茶店を思い出しますね(w

呉は代々花火師だったのか・・・。
だからあんなに火力調節できるのね。
策が一人で『ぽつ~ん』としてるさまは素敵♪(何

あ、そういえばコンサートあったんだ。
忘れてた(w
  1. 2006/08/14(月) 23:46:33 |
  2. URL |
  3. 真音 #95bkP2lk
  4. [ 編集 ]

ICBお疲れ様でした。
相変わらず良くまとまってていい感じですねぇ。
長編でもショートでもどちらでもOKってウラヤマシス。
今後、火計使いは花火職人と呼ぶ事にします(ぇ
  1. 2006/08/15(火) 20:55:31 |
  2. URL |
  3. 銀河 #-
  4. [ 編集 ]

ICBお疲れ様でしたーっ
周瑜さん・・・あなた殺人なれしてるんじゃないですかってくらい豪快な判断とぶっ放しでしたね。w
にしても王異さんあんなにツンデレな感じでいいんでしょうか・・・
ホウ徳いいなー(ぉぃ
ぎんぺーのブレイクダンスに期待ですw
  1. 2006/08/16(水) 00:19:37 |
  2. URL |
  3. エロール #-
  4. [ 編集 ]

>白麗殿
浴衣にいろいろと仕込んでいるのは女のたしなみと言う奴です(おい
期間限定エフェクトとかしてくれるぐらいの遊び心があってもいいのにと思いました
それなら水と雷も何か無いものかな?

>松本引越センター殿
中国では玉屋鍵屋の代わりに「孫呉」「許攸」と言うのです(嘘
私の中では周瑜は自爆テロリストですから、よくあんな役で出てきますw
こんなところでよければどんどんお越しくださいませ、お待ちしています

>龍之介殿
夏侯淵が妙にかっこよくなっちゃった
まあ、名乗ってないので夏侯惇と言っても大きく嘘にはならないですがね
張飛月姫ペアは出るたびになんかラブリーにしてしまいます
何でだろ?

>神行百変殿
あれだけ骨太のストーリーで毎度感服していますよ
僕は・・・神行百変殿に・・・勝てない(BANと独房の壁を叩くw)
軟弱物ですから、もっと精進しますよ

>真音殿
ぽつーん策w
多分溜めている間に放置されたんですよ
呉の花火師たちは広くしたり長くしたり研究熱心ですからw

>銀河殿
夏限定呼称、呉の火計は『花火』、計略持っているのは『花火師』w
全国対戦中に大声で玉屋ーと叫んで計略を使ってください
・・・どんな罰ゲームだw

>エロール殿
え、王異なんてどこに出たの!?w
あのカップリングは敢えて二人とも名前を出してませんので勝気なお嬢さんと言うことで(え
まあ、どこからどう見てもあのせりふとかはあの二人なのですがね
なんと言うか、万人受けしそうに無いので名前を出さなかったチキンです
  1. 2006/08/16(水) 00:40:22 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様です

お疲れ様です。
とっても面白かったです。
孫呉の花火連合は危ないですね。
周囲が焦土とかしったて・・・。周りにいたひとがよく死にませんでしたね。みんな知力8いじょうなんでしょうね。


  1. 2006/08/17(木) 14:16:38 |
  2. URL |
  3. noein #-
  4. [ 編集 ]

たぶん祭りの風物詩なんですよ、孫呉花火師の暴発はw
だからみんなすぐに退避すると・・・
どんな花火師だw
  1. 2006/08/18(金) 01:46:44 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

uhahahaha(何w

ちょ、夏侯淵かっくぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ----っ!!!www
夏侯淵に萌えました、はぃw
あと龐徳のセリフを上手く流用した金魚すくいwww
次は誰が器にはいりたいかー!!これまたうけたwww
呉の花火師団・・・娘の為に犯罪を(ぇ
しかし・・王異と夏侯月姫かぁ・・・・ぅーんぅーん・・・・(´・ω・`)
悩む・・・どっちも最高ランクっすぉwww(カエレ
  1. 2006/08/19(土) 16:09:09 |
  2. URL |
  3. リョーチョー #iVyN8/oY
  4. [ 編集 ]

ICBおつかれさまですー

関羽ったらスイカ食べすぎはおなか冷やすってのにw
で、周姫さんの浴衣の構造を詳しく教えてくださいましw
  1. 2006/08/19(土) 23:06:34 |
  2. URL |
  3. やぎ #-
  4. [ 編集 ]

>リョーチョー殿
夏侯淵萌えですかw
妙なぐらい気障にしてみましたので、そう言ってもらえるとうれしいですね
いや、だから王異なんてどこにも書いてないってwww

>やぎ殿
周姫の浴衣の構造ですか?
乙女と言うものじたい謎なのですよ
その存在の周囲に張り巡らされているATフィールド(アンビリーバブぉトラブル)の前に、すべては許されるのです(おいおい
  1. 2006/08/20(日) 01:32:26 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

どこの世界もパパの存在は怖いものですねw(ぉぃ

呉の花火師団・・・怖いものだなぁww
ただステルス反計くらった日には・・・(ノ∀`)

ぇ?王異と月姫を選べと?
とうぜん・・・うーんうーん・・・OTL(ぇ
僕には選べません(´゜Д゜`;)
  1. 2006/08/20(日) 11:11:44 |
  2. URL |
  3. 風呂気温 #IjUZIPhA
  4. [ 編集 ]

反計をされたらその場所で一斉に火柱が上がります
それもまた綺麗・・・って、おいw
月姫と王異か
どっちがいいかなーって、みんな人の彼女や嫁を選ぶんじゃないw

  1. 2006/08/21(月) 12:47:48 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

遅くなりましたorz

ヤバいです。
王異にホレそうですよ。やれば出来るじゃないですか(コラ
金魚すくいのあれってそういえばポイっていうんだったっけ、と関係のないことで妙に納得してしまいましたよ。

にしても…棺桶プレイっすか…!?(コラコラ
  1. 2006/08/23(水) 00:11:13 |
  2. URL |
  3. しるばまる(白銀丸) #-
  4. [ 編集 ]

すいません、コメントにやっと気が付きました

あらま、また王異に・・・
使用率低い武将は好きに出来るからいいですよw
彼女もやれば出来る子なんですよ(何を?
棺おけプレイって・・・なに、そのマニアックなひびきwww
しるばまる殿ってオ・ト・ナ・!
  1. 2006/08/25(金) 13:26:27 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tom9.blog9.fc2.com/tb.php/463-f39f9bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。