三国志大戦3を中心に突っ走っています

TOM9's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

二人の舞姫物語~第十三話「喜びと悲しみと」~

ねえ、聞いた!?
楽屋に飛び込んだ私をみんなニヤニヤして見てる
どうやら知っていたようね
「うん、みんな知ってるよ♪」
私が一番最後なんだ、悔しいわね
「今日のステージ次第で、レギュラー枠の話があるって言うんだろ」
「け、深夜枠ぐらいではしゃぎやがって」
「そういう侯成君は何故床屋に行ったんだろうな」
真っ赤になって怒鳴り散らす侯成をみんなで笑った
それもこれも今日次第、がんばっていい演技をしないとね
・・・美容院の予約間に合うかしら?

ついに昇格戦までやってきました
勝てば9品です、、、勝てば
そんなお相手は呉バラの4枚
孫堅、周泰、周瑜、太史慈
すべてRの旧武将たち
なんか懐かしくて落ち着きますw
新武将がいないと、こうも安心できるものでしょうか
地形は左右から森が突き出して、中央が細く通れるようになっている地形
・・・柵と伏兵と槍があって、この地形ですか
最初は柵が壊れたらいいや、、、欲は出すまい
こちらは森だろうが何だろうが左右に攻城要員を配置
右に甄、左に姫とほとんど定番と化してきました
中央最前列には鉄休、楽進、臧覇と、森の中に賈クを隠します
相手は当然周泰が中央に柵を配置して通せんぼ
その後ろに太史慈と孫堅が見えます
周瑜はどこでしょうね?


あの柵を壊せばそれでいいんだ
「楽進、行け!、俺は後ろから突撃をかける」
わかりました坊っちゃん
こんな柵ぐらい!!
周泰が槍を振り回しているぞ、みんな気をつけろ!
「さらばです・・・」
は?、、、ぼっちゃん・・・?

最初から最前列の部隊はオーラをまとう距離がなくて単なる槍の削れ
でも、後ろから突っ込んだ曹昂には迎撃、即撤退w
曹昂ってほんとに俺の記憶に残るネタを提供してくれるな
鉄休も周瑜を踏んで、柵に向かうのは残り3部隊
左右を進軍中の甄と姫は攻城ゲージを貯めだします
柵にレミングのごとき進軍をするダンサーズ
赤くしたところで全滅です
この時点で相手はほぼ無傷の4部隊
こっちは甄と姫の攻城中と伏兵のままの賈クのみ


何をやっているんだあいつらは、我が元へ誘えばよいものを
柵に当たれば馬鹿にされるのは必至、仕方がないがこのまま待つとするか
どうやら姫は攻城成功のようだが、あの親父が突き進んでいるところを見るとやばいか
甄の方は太史慈の弓で、もうゲージが溜まるほど持つまい
奴ら4部隊を我のみで押さえねばならんのか
まったく、愚昧な戦略を立ておって
ん、あの傷男がこっちに来そうだな、少し近づいてみるか・・・
よし、もう一歩だ
「まずは奇襲成功」
こういう奴を倒してこそ、我の価値がわかると言うものだ
さて、馬鹿どもの壊し損ねた柵でも潰して帰るとするか

周泰を倒して柵を壊したところで賈クは逃げます
後ろからは甄と姫を倒した3武将がこちらに進軍
もう少しですが、城内は沈黙
仕方がないので賈クで追いかけてきている孫堅に城内突撃を・・・失敗w
早すぎて普通の両方突撃
一気に賈クが瀕死
何とか死ぬ前に城内に戻します
孫堅が櫓を壊して、周瑜と太史慈が森に入って援護態勢を取られます
でもその時間のおかげでこちらは復活しだします
さて、防衛のお時間です


侯成、臧覇は城門の孫堅など無視してあの森に潜む2人へ進め
曹昂は左、楽進は右から孫堅に当たれ
我が城門から出て時間を稼ぐ
「ちょっと、私たちは?」
ふ、この程度で全員が出る必要もあるまい
これで十分だ
我が戦略の前に、無駄と言う言葉はないのだ

孫堅に城門を叩かれましたが、幸い孫堅を倒したら太史慈と周瑜も帰ってくれます
士気もまだ7まで溜まるほどではないので、火計もなく防衛成功です
さっさと逃げてくれたので、相手も減らない代わりにこっちも死なずにラッキー
武将を戻して代わりに姫を出します
さあ、ダンスタイムです
序盤ですから、ワルツと参りましょうかw
今回は甄に舞って貰おうかと思ったのですが、天啓が来ると武力上げても仕方がないので今回も姫に舞ってもらいます
ごめんよ、甄
すねないでねw


すねるわけないでしょ
「ん、何か言ったか?」
独り言よ、気にしないで
「そうか、ならいいが・・・」
森も何もかも忘れて駆け抜けるわよ
ほら、もう壁よ

飛天状態で森も忘れて駆け抜けます
右と左と真ん中で3部隊に別れて進みます
相手は中央に周泰が出てきました・・・中央三隊転進w
右は太史慈、曹昂突撃、鉄休攻城
左は周瑜、楽進突撃、甄が攻城
とりあえず追加の一発入れたところで逃げれるだけ逃げます
敵将にぶつかった部隊は倒れてますけどね
え、連突?
してたら問題なかったでしょうが、中央の周泰がまっすぐ進んできて姫に迫るもんでそっちに意識がw


「おぉぉぉぉりゃぁぁぁぁぁ!!!」
え、え、またこのおじさんなの?
あたしが踊ったら、良く来てくれるのはうれしいけど、怖いからやだよ・・・
えーん、誰かー
「俺が!」
「我が戦略を見よ」
「えーい、なむさん!」
あ、あ、、、
ごめんね、みんな
あたしが無理言ったから怪我しちゃって、、、
我慢するよ、みんなは逃げて、、、

何回目かの周泰による姫撃破
背中から突っ込んだのに、賈クも鉄休も侯成も撤退しました
漢の意地、恐るべし!
さすが何とかしてくれる男、周泰です
甄と臧覇だけが城内に逃げ込みます
まあ、逃げ込んだと言うか放置したと言うかは微妙ですけどw
周泰の撤退で相手も一旦戻るようです
なんとなく手を抜かれている気がするのは考えすぎでしょうか?
まあ、余計なことを考えている暇はないですね
こっちも全員回復したら残り30ぐらいですか
お互い再起を使わないで回復なので時間が減ります
・・・ん、再起?
この構成で今まで使わないと言うことはひょっとして連環かな?
やばい、ひょっとして最後に使われたら終わりじゃないか
姫がまず出てまたも踊ってもらいます
連環かもしれないと思うと甄では終わりです
そして半分出します
相手も同じように出てきます
が、周泰が出てきません
あいつの居るところが解らないと突っ込みにくいんですけどね
ちょっと待ちましょうか、相手の動きも気になるし
うーん、出てこないですね
仕方ありません、突っ込みましょう
相手は右に周瑜と太史慈が櫓の後ろにいます
左に孫堅、中央ががら空き・・・行けば周泰が出てくるんでしょうね


「おい、今度は戦略とかないのか?」
「ないのか、三白眼?」
じろっ!
ふん、この程度で震えるなら黙っていろ
「で、実際どうするんだ?」
すでに策は完成している
お前たちは気にせず進め
そして相手の武将を蹴散らすが良い
「・・・いいのかそんなので?」
策は完成している、我の後に続くが良い
「お前の?、、、いいだろう」
そうだ、素直に聞けばいい
ふん、あんなところに固まりおって、くくく
慌てふためくがいい!

賈クの離間が太史慈と周瑜にジャストヒット!
そこへ群がる武将たち
周泰を出すのを遅らせたのが運の尽きよ
火計も放てず散っていく周瑜と太史慈
慌てた孫堅が駆けつけようとしますが、孫堅の背後に侯成を走りこませて攻城を開始
無駄に迷ったおかげで攻城も成功です
周泰の槍で甄が散りましたが、壁に張り付いたほうが多いです
武将が孫堅と周泰になったところで再起が発動されます
再起だったのかよ!
つまり最後に天啓でリードして再起で守るつもりだったのでしょうか
兵法を使った後に周泰の意地が発動
蹴散らされましたが、リードを奪ったのでみんなで逃げます


そろそろ時間だな
「さすがだな、軍師殿」
ふん、このようなものまだまだ児戯のようなものよ
我が頭脳でもっと売れるようにしてやるわ
「頼むわよ、軍師さん」
ところで、、、
「ん、なんだ?」
我らはここでのんびり茶をすすっているのだが、あの娘は踊ったままなのか?
「あ、ああ。まあ、客が喜んでくれているからな」
「そうね、喜んでもらえた時は踊っているわね」
そういうものなのか、我が戦略にはないものだな

最後に進軍がありましたが、時間もなく壁に届く前に時間切れでした
ついに9品に昇格です
勝利で9品に昇るとは思っていませんでしたよ
もし昇格するとしたらCOMだと思っていたぐらいなのにw
驚きつつも、またステップを上がったダブルS
設定上、次回は深夜のレギュラーだw
ゴールデン(2品以上)のレギュラー(覇王w)目指してがんばれダブルS


~おしまい~


手抜きかなとか書きましたが、戦略上計略を使わなかっただけの模様
何しろ、5連勝で相手も昇格戦でしたからね
手抜きじゃないでしょう




二人の舞姫物語~第十二.五話「悲しい方」~

「深夜だし、そんなに固くならなくてもいいよ」
ダ、ダイジョウブダ
「ほんとかな?」
マカセロ
ヨシ、ミンナ
ハイチニツケ
「一人で緊張して、、、バカボンはここ一番にはダメね」
「坊っちゃん、がんばってください」
「おにいちゃん・・・」
「ダメだね・・・」

9品、深夜の準レギュラーをゲットw
なぜか2本立てのダブルS
その真相は・・・
さてお相手紹介と行きましょうか
SR孫策、SR徐庶、R李典、R孫尚香、Cカイ越
新カード3枚で、珍しいのがいますね
仮面の男が登場ですw
・・・役に立つのか?


最初から、思いっきり行くぞ!
「ええ、坊っちゃん。その調子です」
さあ、、、あれ?
おい、どこに行くんだ?
「え、坊ちゃんこそ・・・」
なに?
どう言うことだ?

・・・これは何かの罠でしょうか?
筐体が反応しません
右に動かしても画面に赤い長方形は見えません
おい・・・


仕方がない、一旦城内にもどれ!
「坊っちゃんも急いで!」
い、いや、、、動けないんだ
ちょっと楽進引っ張ってくれ

城内も反応しません
死んでどくろになっても戻ってくれません
なんなんでしょうか???
もう嫌です、、、


おい、今回はなんだったんだ?
「知るかよ、、、」
お前がディレクターと打ち合わせしたんだろう?
「したけど何も言われなかったよ。いつもどおりでいいんだよって!」
くそ、、、
俺たちの慌てる顔を見て笑いやがって
俺たちはお笑いグループじゃないぞ!
「侯成、落ち着け」
臧覇は何で落ち着いていられるんだよ
おかしいじゃないか!
「深夜枠だからな、、、」
くそ、いじられ役で呼ばれたのかよ
ちくしょう・・・

参りました
店員も近くにいないので現状説明も出来ないし
悲しかったので帰りました
深夜枠って怖いですw
それでも人気が出ればゴールデンだw
がんばろうダブルS


~おしまい~

テーマ:三国志大戦 - ジャンル:ゲーム

  1. 2005年12月17日 01:05 |
  2. 二人の舞姫物語-ダブルS-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

自レスw

無駄に長文・・・2戦目があまりにも「ピー」だったのでまとめちゃえってのがそもそも失敗
明日公開の二人の舞姫物語はさらに長文、、、
命がけで読んでね(お

さっさと書いておかないとダブルS以外のネタがかけないからw
  1. 2005/12/17(土) 01:53:57 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

うげ・・・

なんだそのバグ・・・、せっかく勝ったのに・・・・・・
最近多いな、いい加減どうにかならないんかな・・・
さて、気分を変えていきましょう!
勝利&深夜準レギュおめでとう!!!!!!
しかしお見事ですね!
低武力とはいえ騎馬8枚相手に4枚デッキで手は抜けないっすよ。
せやけど、よく8枚も・・・踊ると7枚やけど飛天状態・・・動かせますね(^^;
僕なんか覇王デッキの騎馬4体でアップアップですわ・・・程イクなんか置いてけぼりやしf^-^;
  1. 2005/12/17(土) 03:39:29 |
  2. URL |
  3. 荀平 #M8fmrdFo
  4. [ 編集 ]

れす

弓を馬鹿にした呪いでしょうかw
弓なら動かなくてもいいぞ
そんなことを言われているような気がします

序盤以外8枚同時に場に出てることは・・・結構ありますね
うん、動いてないw
常に操作せずに、出てきたら逃がすとかぶつけるとかですからね
何とかなりますよ8枚でも
  1. 2005/12/17(土) 23:26:57 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tom9.blog9.fc2.com/tb.php/235-8ad461ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。