三国志大戦3を中心に突っ走っています

TOM9's Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

G戦略

たいそうなタイトルは単なるギャグ
最近ガソリンが値上がりしてまして、庶民の対抗措置としてはどうしたらいいかと思って「G」について考えました

前提条件
【ガソリンは値上がりを続ける】
期間的に100年もとは言わないですが数ヶ月はこの調子でしょう
最悪年単位で値上がり続ける可能性すらあります
これは回避しようのない現実

「A君の提案」
スタンドに行ってガソリンを入れる
このとき高いから1000円分、10Lだけ・・・ちょっと待て!
前提条件としても出したが、値上がりが続くものとして、今が過去に戻れない以上最安値だ
その一番安い時期に満タンにしないのは損じゃないだろうか
そう満タンこそが今を乗り切る最高の手段だ!!
(単純試算)
50L満タン、1L=17Kmの車
使用は通勤通学=20Km、土日のちょっとしたドライブ=50Kmが2回
とした場合、週に200Km走ったとして満タンがエンプティになるまで4週間約1ヶ月ということになる
顕著に値上がり傾向にあるガソリンを通勤通学用に毎週12.5Lずつ入れた場合、毎週2円値上がりをするガソリンだった場合と月に1回入れた場合の差はこうなる
160円スタート
月に1回:50L×160円=8000円
毎週:12.5L×(160+162+164+166円)=8150円


「B君の提案」
やれやれ、満タンが以下に燃費に響くかを知らないのか
普通車が満タンで約50Lとしようじゃないか
この状態で走るということは、比重0.75で計算して約35Kgの重りを積んで走るに等しい
一般車でも最近は1L=17Km程度は走るのが多い
満タンで800Kmは走れる計算になる
君はそんなに遠くまで走り続けるのかい?
通勤通学程度なら、スタンドだって通り道だろう
無駄な遠回りをすることもないなら、軽さ軽さ
重りを積んでの短距離を考えるなら、10L程度の給油で走るほうが燃費にやさしいのさ
(単純試算)
統計的に、重量増加と燃費の関係は、自動車本体の総重量に対する増加重量で示されている
つまり、1000Kgの車と1500Kgの車とでは同じ満タンでも影響力は違うということ
普通車1000Kgで計算してみよう
満タンと10Lの重量の差を等量減少として、満タン=17Kg、10L=4Kgとして試算
車体重量の10%の重量増加(約100Kgとして運転手+満タン)で5%程度燃費が落ちます
前述の試算で800Kmは走れるといっていたが、実は一人乗車で760Kmぐらいが限界なのが実情
40Kmの減少はガソリン換算で2~3L分
つまりAの主張する満タンで150円お得など一気に吹き飛ぶことになる


「C君の提案」
歩け
以上!
(単純試算)
片道10Kmの距離を移動していることになる
車ならおおよそ5~10分の距離ということになる
徒歩の平均速度(大人で時速4Km)だと2時間半で到着することになる
往復で約5時間のロス
これを最低賃金No1の沖縄での最低時給で考えても3000円分になる
・・・健康増進と自己満足以外にお勧めできないじゃん


『対抗策番外』
投機筋に恨み言をぶつけてもいいが、それなら波に乗っかって君もレッツ投資w
これで儲けが出たらガソリンなんて気にせず買えるさ
さあ、きみもハイオク満タンっていう生活へw
もっともこれは単なるバブルだから弾ける時がくるのは確実、と個人的には思ってます
そのときにうまく逃げろよ
(単純試算)
現在1バレルあたり140ドルを楽勝で超えています
200ドルあたりまで上がるとして、今買っても1バレル当たり60ドルの利幅が見込めます
そこから手数料取られても55ドル分は確保できるでしょう
計算を楽にする関係上$1=¥100にしますが、5500円の儲けです
さあ、無い資産かき集めて、すべてを質に入れて原油を買うんだ



基本ネタですよ
計算値や、試算のための係数などは各種本物ですが、比較は嘘をついていますw
言ってみればKmとKgをどちらが大きいかという問いに回答しているようなものです
AとBのどっちが得かと言うと、多分Aだと思います
そのあたりは自分で計算してみてくださいw

総務省統計局、東京都でのガソリン価格平均
平成11年 98 98 98 98 97 98 99 99 101 102 102 103
平成12年 103 103 102 103 103 104 104 105 105 108 109 110
平成13年 109 109 109 108 108 107 107 107 107 107 106 105
平成14年 105 104 104 104 106 106 106 105 105 105 105 105
平成15年 105 105 108 109 110 108 106 106 106 106 106 105
平成16年 105 105 106 108 108 114 115 115 119 120 121 119
平成17年 118 116 117 123 125 122 124 128 130 131 130 128
平成18年 128 129 130 130 136 135 137 144 144 141 135 133
平成19年 131 127 127 129 135 139 141 145 143 145 150 156
平成20年 154 152 153 132 160 172
これより月に10円アップぐらいとして、毎週2円アップを計算値として利用


重量と燃費の関係
JAF2002年10月の実験結果より、増加重量の10%で燃費が5%を計算値として利用
普通車(カローラ)で車体重量約1000Kg、軽自動車(ミラ)で車体重量800Kg
軽自動車で自分(65Kg)に彼女(50Kg)で満タン(25Kg)で燃費が約1割以上減る計算


徒歩の速度
不動産指標である徒歩速度、時速4.8Kmよりゆっくり目として時速4Kmを計算値として利用
一般的に男性分速80m、女性70m、子供60mです


最低賃金
労働基準監督署発表による
ちなみに、1位東京739円、2位神奈川736円、3位大阪731円・・・37位大分熊本山形620円、40位鹿児島宮崎長崎佐賀岩手青森619円、46位沖縄秋田618円
九州東北の賃金の安さは最強
悲しい比較、ガソリン平均単価、東京167円、秋田166円、沖縄164円・・・


原油価格推移
2008/06/30現在で141ドル超え
2008/03/31で大体106ドルぐらい
2007/12/26で大体95ドルぐらい
2007/05/31で65ドルぐらい
ゴールドマンサックスの言う200ドル超過は今後2年後には到達するだろう
・・・質に入れても200ドルになるには2年後だ、がんばって水だけで生き残れw
  1. 2008年06月30日 12:06 |
  2. 徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

偉大な発明品、自転車を忘れないでやって下さい……。

長距離走る時でも平坦な道なら10km/h位で移動できたので(実測)
片道10kmを往復してもロスは1.7時間(車との比較)

沖縄の最低賃金で考えて1050円分だね
だけどその時間を労働に当てるわけじゃあないしガソリン代浮く分得だよ、得!!


と、主張しますw
  1. 2008/06/30(月) 19:04:41 |
  2. URL |
  3. ハザン #RFphBmaY
  4. [ 編集 ]

>ハザン殿
自転車出したら一人勝ちなのでネタに使えないじゃないですかw
そんな私は駅まで自転車、そしてJRとエコロジーかつ低燃費な生活ですよ
学生の頃なら片道50Km以内は自転車搭乗距離でした、あの頃は無駄に体力があったとw
車は便利なんですがいろいろとお金かかるのが難点ですね
  1. 2008/07/01(火) 02:47:51 |
  2. URL |
  3. TOM9 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://tom9.blog9.fc2.com/tb.php/1130-83a0beca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。